日々の嬉しいこと探し

5歳2歳0歳の3姉妹子育て日記

飯塚でお食い初めin蓬や(よもぎや)さん

おくらばせながら、次女のお食い初めを♡


もうすぐ4ヶ月というこんな日付になってしまったので初節句と一緒でもいいかぁ。なんて思ったりもしたのだけど、


私が、久々にゆっくりと料理人さんがつくった和食を食べたい♡と思ったのと、
長女の時、両方したので次女もちゃんとすることに🌸🌸



飯塚在住で、子供の月齢も近いお友達に相談にのってもらいお食事処を決定🎀


お食い初めは、頴田(かいた)にある『蓬や』さん。


節句は潤野(うるの)にある『このみ』さん。


この日はもう二度とこないよねってことで、娘たちの服を探す旅にでる!(ネット)


姉妹だからお揃いがかわいい♡と思いたって、チュールっぽい、普段でも着れちゃうかも、な効率的なワンピを求めて、探しまくる🎀笑


こういう時の私は、とにかく長い時間集中してしまって目が血走る。笑


気に入ったものは、節句も近かったせいか、売り切れ、14日前後で発送、取り寄せなどなど。

そして同じ商品で、送料加味してもなぜか1000円近く違う…


ヤフーはポイントがつくけど、
同じショップでAmazonでは、ポイントがつかない分安い価格だったりして
ポイントもらってお得!なわけじゃないな思いながら見ていたりすると、
なかなか買えない。


メルカリなんて、もはや自分の中古品じゃなくて、仕入れして?!販売しているが人たくさん。
ヤフーや楽天Amazonで売り切れで
メルカリで新品を大量に高く販売しているものもあって、
びっくりぽん!(義母がよく使う、びっくりぽん笑)


どうやって仕入れしてるのかな。
私もかわいいセレクトショップしてみるか?♡笑


やっとこさ購入して、
長女は前日にとどいたそのフリフリワンピを
「おひさま(おひめさま)かわいい〜〜」
といって、ずっと着ていて黄鼻をたらしながら夜も脱がないといって泣きじゃくったもんだから、よだれみたいなのがついてしまった🤣


私は、
「あーーー!!」
といってむりやりひきはがした。笑


娘は起きて第一声で
「おひさまきたい〜♡」
といって、ごはんを終えてからやっと着せてもらえて、パプリカをエンドレス熱唱🎀



そして到着した蓬やさんは、古民家を改造したような趣のある造り。





中にはいると、小さな旅館のよう。


私たちが通された個室には、
赤ちゃん用のお布団や、長女用の木のイスが丁寧にセッティングされており、間接照明がそのあたりを照らしていて、待ってましたよ♡という感じが嬉しかった。


照明が落とされ、少し見える中庭や、生花が映える。
小さなお雛様が小さな台に座っていて、近づく春のほっこりとした雰囲気を醸し出していた。


メニューは、2700円くらいの会席料理と、鯛がついた祝膳を予約。


メインは魚のあらだきか、天ぷらか、鶏の炭火焼か、追加料金だけども、ステーキか、カキフライも選べますよ♡
ということで、二人とも、天ぷら☆


鯛と祝膳がきたところで、店員さんが、
「お写真とりましょうか?」
と声をかけてくださったので、撮っていただく♡


なんだか変に旦那さんがこちらに寄りすぎていたり、私が半目だったり、次女のヘアバンドがずれてたりで、
「忙しいところ申し訳ありません〜」
といいながら何度も取り直してもらったのだが、


「時間はたくさんあるので大丈夫ですよ♡」と一生懸命カメラマンしてくださる。


これ、11:30に予約して正解だったかも。
12時くらいから、車がバンバンはいって、店員さんも忙しそうな感じ。


娘は、じゃがいものパン包みスープを気に入り、主人のを食べ終わると、
私のスープをみてスプーンをもって
はにかみながらおねだりしてきた。


控えめにかわいく頼んでみる、というのをどこで覚えてきたのだろうか笑


娘はおなかいっぱいになると、隣の部屋につながる仕切りが気になったようで、何度もあけたり。
表にまわって、隣の方々のドアをがらがらあけたり。


ありがたいことに60代くらいの女性の集まりだったので、
「あら、かわいい〜♡気にしないで♡」
と毎回いってくださるものだから、
娘ははりきって、あちらにいこうとする。


私は、何度も頭をさげてつれもどし、なぜしたらいけないのかを何度も説明するが、なかなか聞かない😂😂😂


上下にあがる面白い襖をあげさげしながら、あげくに窓をあけて冷たい風がピューピューはいってきたのでこりゃたまらん。と主人が、
「狼さんとこやるよ〜!」
と言ったら、いやだぁ〜といって、次のいたづらまで、ちょっと時間があいてくれる笑


あげく、💩したいといって上手にトイレをしたあと、すっぽんぽんで、どこかへ逃げ去る。
(店内は個室がたくさんで広く、迷路のようだった)


つ、つかれた。ととりあえず手を洗っていたら、満面の笑みですっぽんぽんが帰ってきた。


つい笑ってしまったのだが、ここはちゃんと教えるべきとこ。


「ここはね、みんなが静かにお食事を食べているところ。
みんなが静かにすごしているところでは静かにすること。
それに、走り回ったら、あついお汁やお料理を持っている店員さんにぶつかっちゃうでしょう?そしたら、どうなる?」


一生懸命説明する。
わかってくれたのか。
何度も根気よく言うしかない。



今日はきていないのだけど、義母は、こういうのを面白く説明するのがうまい。
とても勉強になる。


なるべく娘の子供心を共有しながら、かつ、面白がって育児をするのが、私の目標なのだ。


そして娘は、買ったばかりの「おひさま」ドレスに上から下までみそ汁をぶっこぼして、しょんぼりモード。


デザートがくるころには、私も主人ももう、へとへと。笑


コーヒーをもってきた店員さんが、娘のぽっこり膨らんだおなかをツンツンしながら
「いっぱい食べたね〜♪」
とかわいがってくれた。


娘がコーヒー飲みたいといったので、
ブラックをティースプーンにちょっとだけ口につけてあげると、
意外にも渋い顔をしなかった。
ほほー。


こんな感じでお食い初め、終了。


つい、娘のかわいい写真をとろうと躍起になったり、娘のやんちゃやらでお食事の味をなかなか楽しめなかったが、
無事、この日を迎えられたということに感謝して、
終了!!


余った鯛をお持ち帰りできますよ!とのことで詰めていただいて。


疲れ切った我々は、家族4人で平和にお昼寝。


主人が、先に起きていて、
持ち帰った鯛で、
鯛を炊き、その煮汁みたいなので
炊き込みご飯と、
お汁を作ってくれていた。


幸せだ。


優しい旦那様、やんちゃな長女、熟睡の次女、
私と共にここにいてくれて、
幸せをありがとう。








#飯塚お食い初め
#飯塚初節句