日々の嬉しいこと探し

5歳2歳0歳の3姉妹子育て日記

やっぱり価値観は違うけど

"今まで経験したことのない台風"というフレーズに、出来る限りのリスク回避をしよう!という私の意気込みに、


そこまでする必要ないでしょーという価値観の旦那さんは、かなり呆れてため息をついていた昨日。笑


そして、私がいそいそと準備する最中に、いやいやいや…みたいなことをボソッつぶやいたり、
だいぶ昼寝したあとはゲームという旦那さんを見て、キレッキレの私でした。笑


川が近い我が家は避難については、2階にいれば大丈夫でしょ、それよりコロナがいたらどうするの、という旦那さんの判断で、自宅待機です。



やはり私は寝室の窓が心配で、
(2面に視界のひらけた大きな窓がある)
割れて豪雨が流れ込んできたら!とか破片が子供たちにささったりしたら!とか、ささらなかったとしても掃除が大変!と気が気じゃなく。笑


違う部屋に寝ようか、いやどこもかわらん、とか、窓をジョイントマットで補強したり、ハンガーラックをのばして毛布をかけたり…とワタワタ。


上の部分がとどかなくて気になる!とわめきちらしてました。笑


旦那さんはそれを見て、
「あなた、うちの窓は2重になってんのよ、それに石ころがとぶ風速って知ってる?そして、この窓にそれがあたる確率なんてどれだけ少ないの。あたったとしても、くもの巣レベルのヒビでしょ。
毛布してんなら大丈夫よ。」

と語る。


※旦那さんが語る時はオネエ。


蜘蛛の巣レベルなの…?ちょっと安心する。


しかし、気になったものをうすうす放置できる性格ではないわけで、


「その少ないリスクで子供がけがしたりおおごとになったらどうすんのよ!
 テレビで看板とかなんやかんや飛んできてガラスがバーンとかあるじゃない。
 とっとと私が届かない上の窓を補強しなさいって言ってんのよ!」と旦那さんに命令する。笑


「あなたドラマの見過ぎよー」と返される。


全然見れてないよっとイラっとする。笑


旦那さんは停電になった時の冷蔵庫を一番気にしてた。


「あなたねぇ、これ全部だめになるのよ。」
 

数日前に買いすぎちゃった食材指摘される。笑


「わかってるわよ。
 だからコープの配達の保冷剤とか全部凍らせてんでしょ。
 それより早く落花生食べなさいよ、それ全部やられるわよ」


負けず嫌いの私である。笑


玄関のたたきから、靴を上の方にあげたり、
靴を寝室の近くにおいたり、水道水をこれでもかというくらい沸かして蓄えたり。
途中コンビニにアイスを買いに行った旦那さんが帰ってきて玄関のたたきに靴をポイっとしたので、ワーワーいう私に、素直に謝る旦那さん。笑



そのほかもろもろ、温度差にイラついてしまう。笑



そんなこんなで旦那さんは言う。
「あなたは心配しすぎなのよ、疲れるわ!」


私は言う。
「あなたは心配しなさすぎなのよ、疲れるわ!」



なんかかわいいハリネズミの絵でもつけてもらったら、絵本にできそうな会話。笑




でも、旦那さんに大丈夫よ、と理由を説明されると心の中で、安心する自分がいる。



とかく私はいきいそぎすぎな面が。
旦那さんはそんな私をなだめつつ、どうにか均衡していく。笑



なにかある度に、
お互いの価値観を知る。


ストレスだけで終わったら、終わりだけど(笑)、 


あーこんな考えなのね、
こんな知識があるのね、
こんなふうに行動するのね、
 

じゃあ私はこうすればうまくいくかなぁー?って理解を積み重ねていけば、


だんだんと熟したいいかんじの夫婦になってくのかなぁぁ??(笑)



そういえば過ぎ去りし8/31は、
毎年、周りに言われて思い出す結婚記念日&出会った記念日。



何年目かは忘れた。笑



とりあえず普段作らないおつまみおかずをたくさん作ってみた👍



これからも…こんな私をよろしくね!!笑



みなさまに被害なく台風が過ぎますように!!